夜明けの岩登り

岩を登ることなどなど

気がついたら・・・

 

春先に朝御岳をして

 

短い梅雨と長い夏があり

登る行為から二、三ヶ月遠ざかり(家トレは少し)

 

長い夏の途中くらいから何度か朝御岳。

 

朝最高



数年ぶりに忍者岩に行き、初めて削られたところを目の当たりにした。

 

めっちゃくちゃいい岩は確かにあるけど、登りたい!って思う気持ちが湧いてこなかった。初めての感覚。 チッピングダメゼッタイ

 

ただ、トレーニングには最適だということを再認識。

真夏でも朝から登れる。開けた場所にある岩は貴重だなー。

 

 

あとはロッキーボルダーの上流川面を初めて登ってみた。

傾斜もあって物凄い楽しめた・・・、また日が長い時期になったら早朝で行くかなぁ

想像を遥かに超えてよかった・・・



 

ピンチオーバーハングの周辺でチビ岩を登ったり


www.youtube.com

 

 

そういえば、白虎岩もすごくよかった。

 

 

 

そんなことしてたら

 

 

気がついたら・・・

 

いわゆるシーズンイン(朝晩)

 

 

 

いてもたってもいられず。台風通過直後、0.001%くらいの可能性を信じて突撃

 

川は増水して濁っていた・・・

湿度は200%くらい。ライトに水滴?が乱反射して周囲が白む中、増水した沢を素足で渡渉。岩の下には川が流れていて当然登れなかったけど、岩を見ただけでテンションだだ上がり。

 

 

と、いうことで、

高いモチベーションを維持したまま次の週末、

 

朝から子供を連れて埼玉の森林公園へ、想定外に足がパンパンになり、ぐっとくる疲労感。

 

帰宅したら諸々急ぎでこなして、ダッシュで子供を布団に連行。最低限の家事を済ませて突撃

 

登るのは10数年ぶり?倒れて傾斜が増した雨雲岩へ

 

 

やや湿気を帯びつつも、気温含めてコンディションは最高、

 

右側のカンテやらなにやらでアップして、

 

レインマン直上をトライ。

 

・・・いいっ!

 

いい傾斜に程良いホールドが絶妙に存在してる。

ガバでもなく、不可能でもなくほんと絶妙。自然すごいなー

 

 

初めは一手一手ムーブができなくて、強度の高さにアワアワ。

 

体を動かしながらムーブをはめていくと段々動けるように・・・。

そんなこんなでムーブができて、 繋げてみたら、意外と最後の一手手前まで行けて、

これ、速攻登れるやつ!!と思った

 

これは登りたいー

 

のも、束の間

次のトライで、強度的に全然問題ないラストガバドメで左手がすっぽ抜けて落下。

 

うすうす、これはハマるパターン 的なのが頭をよぎる。

 

そこから怒涛のラスト落ち。数回左手のすっぽ抜けを繰り返し、

気がつけば帰宅時間・・・

 

ヨレた。。。久しぶりに数時間登って全身疲労

レインマンに辿り着けなかった

 

 

 

 

 

 

ダッシュで帰宅して、ノントップで1日がスタート。早く寝たいと思いながらも、やっと布団にたどり着いたのは日を跨いでから・・・

 

全力で攻めるべしー